投稿者
 メール
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


祝博多座初日

 投稿者:ひよこ  投稿日:2017年 8月 3日(木)21時29分23秒
  ほのかさん、事務局さま     こんばんは。
関東地方は梅雨明けしたかと思えば曇り空か雨、かと思えば猛暑日と不安定な天気が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?

ほのかさん、博多座初日の幕開け  おめでとうございます!
帝国劇場での約3ヶ月の後、わずかな期間でしたが、お身体は休めたでしょうか?
月末までの公演、外の暑さに負けず 、レミゼカンパニーの熱い情熱でスタッフ&キャストの皆様乗り切ってください。
博多座バージョンのスペシャル公演にも出演されたとか。観たいなぁ。村田blogに動画UPされないかな。

遠くからになりますが、博多座公演の成功をお祈りしています。(せっかくですから、福岡の美味しいものも後堪能くださいませ)
 

応援しています

 投稿者:萩の月  投稿日:2017年 8月 2日(水)23時48分31秒
  今月から福岡公演ですね。
ほのかさん、盛夏の中での公演ですが、どうかお体に気を付けて頑張ってくださいね。
このところ九州地方は被災のニュースばかりが聞こえてきますが、地元の皆様にとって「レ・ミゼラブル」福岡公演が、ひと時でも心安らぐ時間になって頂ければと思います。
ほのかさんの多彩なお芝居は、何度見ていても飽きません。新演出では、旧演出のテナルディエの台詞を引き取ってマダムの台詞(歌)になっている部分もあって、マダムの貪欲さと怖さのより魅力ある演技がより楽しめます!

私は、劇場体験を通して蒔かれた種は心の奥底に届いていて、その影響はずっと続くものと思っています。幼い頃に両親に連れられて、子供向けのミュージカル観劇に通っていたこと、その思い出が自分の中に根付いていて土壌が創られていたらしいことに思い至ったのは、幼い観劇から随分と歳月を経てからのことでした。
劇場で見聴きした体験は、本人が思う以上に奥深いところに残っていて、無意識に趣味嗜好を左右したり、価値観に影響を与えているもののようです。今では幼いころの観劇体験を、両親からもらった無形の財産だと思って、感謝しています。そしてそれは、これからの生活の中で豊かさや勇気を与えてくれる幸せの種だと私は信じています。自分がそうですので。

劇場で過ごす時間は2~3時間に過ぎないけれど、ほのかさんの演じるお芝居は、素敵な思い出として観劇した人の中にずっと残ると思います。これからも、多彩で魅力的なお芝居で、たくさんの人に幸せの種を届けてくださいね。応援しています。
 

ありがとうございました!

 投稿者:みゆ  投稿日:2017年 7月18日(火)17時39分7秒
  ほのかさん、レ・ミゼラブル帝国劇場公演お疲れさまでした!!!
千秋楽は、劇場へ入るとすでにレミゼファンのお客様の高揚感を感じ、このワクワク感を感じられて幸せでした。
マダムテナの登場シーン、第一声にゾクッ!としました。お城での生活を夢見ているリトルコゼットも日々マダムに怒られないよう小さくなっていたのかも、と。

カーテンコールのほのかさんの涙に、kamuikumaさんも書かれていますが、本当に過酷な挑戦だったのだと私も涙してしまいました。どれだけ芸歴を重ねてきても、ストイックにあきらめず、トライするほのかさんのチャレンジ精神に脱帽です。私も日々の忙しさに負けそうになるときがありますが、奮起する勇気をもらいました。

カーテンコールで挨拶されたとき、心の中で「ほのかさん!お帰りなさい!!」と叫んでました。声を出す勇気がでず(笑)マダムテナルディエのような役もできるとは、なんて役の幅の広い女優さんなんでしょう。ファンは欲張りなもので、ほのかさんのもっといろんな役を観てみたい、と思ってしまうものです。

まだ地方公演は続きますが、東京公演が再演されるときは、ぜひとも、ほのかさんのテナをもう一度観たいです。博多・大阪・名古屋公演行きたいよーーー。東京でまたあるときは、娘と一緒にレ・ミゼラブル観劇をしたいと思います。
 

祝 帝劇千秋楽

 投稿者:ひよこ  投稿日:2017年 7月17日(月)22時24分49秒
  ほのかさん、事務局さま  こんばんは。

今日で帝劇でのレミゼ公演が終了ですね。プレビューから始まり約2ヶ月の公演、お疲れ様でした。
3回 観に行きました。マダム以外は違うキャストで楽しませていただきました。最後の3日間はカーテンコールの時に出演者の挨拶があるなんて知らず、残念。無理にでも連休のチケットとればよかった…(>_<)
先日観た時は、司教さまがバルジャンに燭台を手渡すあたりから泣けてきて、バルジャンが生まれ変わるシーンは涙が止まらず…

私も、ほのかさんがコゼットの時からのファンなので、30年の流れを感じずにはいられません。
レミゼがこれからも永く愛され、上演され続ける作品であることを信じています。

まだまだ暑い日が続きますが、レミゼファミリーの皆様  体調には充分気を付けて、地方公演頑張ってください。

 

??千穐楽

 投稿者:kamuikuma  投稿日:2017年 7月17日(月)18時41分48秒
  ほのかさん、東京公演千穐楽、お疲れ様でした??

今日は全ての声がマイクを通さずとも聞こえる席で観劇させて頂き、キャスト全員の情熱が直接伝わるかのような特別な感動を覚えました。

期せずして出演回数が増えるなど、いろいろと大変だったとは思いますが、公演期間中もファンへのご対応などにご配慮頂き、ありがとうございました。

カーテンコールでのスピーチには笑わせて頂いたのに、ラストでのほのかさんの涙に、想像もつかない程のいろんな想いが込められいたのが察せられ、思わずこちらも貰い泣き?
素晴らしい舞台に感謝です。

しっかり休まれて、また地方公演も頑張って下さい!
 

C46番で観ました

 投稿者:萩の月  投稿日:2017年 7月12日(水)13時36分20秒
  先日、「レ・ミゼラブル」をC46席で観てきました。1階3列目最上手で左右席も前席も無い、例えればタイタニック号の船首に立ったような席です。「回転木馬」でほのかさんのジュリーを観劇して以来のC46席でしたが、これが見事に「マダム・テナルディエ」専用席でした。
マダム・テナルディエは宿屋でのソロ、ベガー街も上手寄りの芝居ですが、なんといっても1幕目最後の「ワンデイ・モア」でマダムが演じるバルコニーがすぐ頭の上です。
手摺にもたれて学生達を見下ろし、かれらの正義を鼻で笑うマダム。人を信じることもなく神に祈ることもせず、自分と金だけを信じる姿は、ほかの登場人物たちとはあきらかに異なる特異な存在でした。すぐ目の前で観る、その真剣な生き様は怖いほどの迫力がありました。

実は、私もかつて帝国劇場で「レ・ミゼラブル」の舞台に立ったことがあります。といってもバックステージツアーに当選して、見学で立っただけなのですけれど、とても貴重な体験でした。ほのかさんがファンティーヌを演じていらした時の話です。役者さんが真剣勝負する戦場に立つと、そこには本番さながらの緊張感が漂っていて、ここで全力で表現する人々の力が生々しく感じられた事を思い出します。
見学時の客席はもちろん空の状態だったのですが、思いのほか舞台から客席までが近くみえて、二階席にも手が届くような錯覚にとらえられました。ここに満席のお客様が入って、一挙手一投足を注目されるのかと思うと、役者さんの精神力の強さを思わずにいられませんでした。ほのかさんはその厳しい場所に30年間立ち続けて、そして今も現役キャストとして表現であり続けているんですね。支えているのは努力と才能、そして作品とお客様への愛情でしょうか。改めてすごい役者さんです。
これからも、歴史を積み重ねていって次の10年、20年を目指してくださいね。客席から応援しています。
 

魅力的なマダムでした!

 投稿者:萩の月  投稿日:2017年 7月 2日(日)22時24分57秒
  初演キャストであり現役キャストであり続ける、鈴木ほのかさんの歩みの凄さ。その演技力の豊かさが実感できた、とても魅力的な舞台でした。
はじめは「逢えると夢見たプリンス・・・」と可愛らしく切り出した表情が「それが何だよあいつがプリンス!」と怒りに満ちた表情に豹変する様は、湧き上がる感情が抑え切れない様が怖いほどに伝わってきて、凄みのある迫力です。亭主への怒り、貧しい社会への絶望といろいろな感情が渦巻くマダムの胸中が伺えて、怖いほどです。儚く散ったファンティーヌも美しくて悲しかったけれど、逞しく生き抜いたマダムも、かつては幸せを夢見た美しい女性だったと思うと、あるいは怖さの裏にも寂しさがあるのかもしれません。
子供を預かって働かせたり収入を得たりするのは、当時のフランスではあたりまえの風習だったそうですが、ほのかさんのマダム・テナルディエはそんな時代に生きながらも、逞しく生き抜くひとりの女性の強さが現実味をもって迫ってきます。革命を夢見るでもなく神様を信じるでもなく、ただ目の前の欲望だけに忠実な人物ですが、その分とても身近に感じられる部分があって、作品を飛び出して迫ってくる説得力がありました。

マダム・テナルディエといえば、かつては鳳蘭さん、前田美波里さん等々、ベテランの役者さんが演じてきた役ですね。舞台上で華麗な姿が求められる役ではありませんけれど、レ・ミゼラブルの不遇な時代背景を象徴しているだけに、役どころをしっかりと受け止められる特別な技量が求められるポジションではないでしょうか。
過去の先輩方の役を受け継ぐといっても、常に前に進まなければ通用しないのもまた、舞台演劇の厳しいところですが、ほのかさんのマダム・テナルディエは、また新しい魅力を持った姿を楽しませてくれました。自分にとって出逢えてよかった時間、大事な財産です。
厳しい時代を、自分だけを信じて生き抜くマダムは、心身ともにパワーが必要な役かと思います。公演はまだまだ続きますが、最後までお体に気を付けて頑張ってください。
いまは観劇の回数に限りがあるのが残念でなりません。また観にゆきますね。

追伸 公演のパンフレットに今回の写真が追加されましたので、また購入してしまいました。ほのかさんのマダムが大きく載っていて、躍動しています!
 

命の洗濯

 投稿者:池田  投稿日:2017年 6月15日(木)21時35分0秒
  30周年記念公演、大変楽しく観劇させて頂きました。お世辞抜きで私は、歴代のマダムテナルディエ役のキャストの中で一番適役だと思いました。 動きが歴代の方たちよりもコミカルかつ軽やかで、すごく良かったです。一つ心配だったのは、天使の声を持っているだけに、ドスの利いた歌声で、喉に負担がないか心配でした。 新たなほのかさんを見られて、命の洗濯をさせて頂き感謝感激です。  これからも進化していくほのかさんを応援していきます。有難う御座いました。
 

おめでとうございます

 投稿者:萩の月  投稿日:2017年 6月14日(水)19時46分52秒
  ほのかさん
帝国劇場そして「レ・ミゼラブル」デビュー30週年
おめでとうございます。
一度でも期待に適わなければ次がない舞台演劇の世界。
そんな厳しい世界で30年もの間舞台に立ち続けて、いまも
リピーターを劇場に引き付けて止まないその魅力を思う時、
生みの苦しみを重ね続ける、ほのかさんの才能と努力の
大きさに敬意を抱かざるを得ません。
これからも、ひとつひとつ新しいステージを重ねて次の
10年、20年を目指してくださいね。
ずっと客席から応援しています。
 

初観劇

 投稿者:U子  投稿日:2017年 6月11日(日)23時28分26秒
  全く知らずに今日のチケットを手に入れましたが、6/11はレ・ミゼラブルにとって特別な日だったのですね。
今日はとても充実した1日となりました。
うまく言えないけれど、お披露目で歌っている動画や衣装を着けたPR動画では想像できなかったくらい、ストーリーに合った演技だと思います。
新しい武器を手に入れましたね。
レ・ミゼラブルはホームグラウンドなのか、水を得た魚のように生き生きとしてみえたように感じました。
まだまだ舞台は続きますが、お疲れが残りませんように。
 

/79