teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:301/604 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

協働?ファシリテーター?

 投稿者:bottaメール  投稿日:2008年11月 2日(日)23時08分45秒
  通報 編集済
  まちづくりの協議に出席する機会が増え、
今日も一日(10:00-16:30)、市が主催する勉強会に出席。

「2時間で学ぶ!協働のノウハウ」(午前)
「実感ファシリテーション講座」(午後)の2本立てだった。

午前は「協働」の必要性がいまひとつ理解できていなかった私には
講師の釘山さんが今までの誰よりも明快な回答をくれ、少しだけスッキリしました。
釘山さん曰く「協働の目的は人材育成!」
「まちづくりに(楽しく)主体的に関わる市民を増やすこと」が目的だそうです。
そう考えると協働の意味も必要なことと少しだけ思えてきました。

午後のテーマは「ファシリテーター」。
この言葉も今は当たり前のように使われるようですが、
私の頭にはどうも定着しない言葉の一つでした。
少しでも言葉の意味を理解できればと参加したのです。
これもとてもよく分かる内容の講座でした。

「多数決型会議」の問題点に対し「合意形成型会議」が必要とされ
これを変えるためには今までの議長方式ではなく
進行役(ファシリテーター)による新たな会議の進行手法が必要となる訳です。
一番大事なのは全員が発言できる様、意見を引き出すことなのですが、
この手法の中に参加者への主体性を喚起させる幾つかの切り口と手法があるようです。

この主体性の芽を大切にする考え方は、
まさに子育ての極意でもあるように思いました。
参加者の人たちと話をしていて
子育て以上に親育てが重要だという話にもなり
とても楽しい勉強会となりました。

市が主催してくれた無料の勉強会で
今日はとても充実した一日となりました。
講師のお二人とも人相が良かった。(やっぱり人相は大事!)
釘山さんと小野寺さんに感謝。
感謝。感謝。

http://www.type-kura.com

 
 
》記事一覧表示

新着順:301/604 《前のページ | 次のページ》
/604