投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


>ささきさん

 投稿者:チチココ  投稿日:2014年11月13日(木)20時20分55秒
  この掲示板に目を通す回数も少なくなっていたためにお返事が遅くなり、
申し訳ございません。

小説をお読み頂きありがとうございます。
新規にファンになられた方がこのサイトを訪れてくださるのは望外の喜びであり、
前作のアップから三年もの空白期間が過ぎようとしている今でも、
何としてもこのサイトのまとめとなるような一作を書きたいという気力が湧いて来ます。

娘。に12期メンバーが加入し、その他のハロプロユニットにも大きな変動があって、
そこに、何か新作のヒントになるような物が無いかと注目しています。

私生活ではいろいろと波乱があり、それが現在も継続していますが、
このサイトをこのまま放置したくないという思いだけは、
心の奥底に炭火のように根強く燃え続けています。

何時とは分かりませんが、必ず新作をアップすることをお約束いたします。
 

初めまして

 投稿者:ささき  投稿日:2014年11月 1日(土)00時12分59秒
  ひょんなことで辿り着きました。自分はここ数年でハロプロファンになった新参者です。このサイトの小説を読み、この時から知っていたら良かったなあと思うほど素敵な作品ばかりでした。いつか、更新を楽しみにしています!  

約半年ぶりです

 投稿者:チチココ  投稿日:2014年 7月10日(木)21時17分16秒
  皆様ご無沙汰しております。
何とか生存だけはしていますが、
仕事は相変わらず多忙な上、私生活でも煩瑣な用事に追われています。

このサイトのことですが、
既に二年半以上も新作小説を発表していない上に、掲示板も疎かになっていて、
私自身から存続させようという気力が著しく失われていることを痛感せざるを得ません。
ただ、最後にもう一作だけ、
このサイトの、そして自分自身の総決算となるような作品を書き上げたい、
その思いだけで、閉鎖を先延ばしにしているような状態です。

半年以上も放置同然になっていたこのサイトを、
今でも覗いてくれる方がどのくらいいらっしゃるのかは分かりませんが、
時期は未定ではありますが、
私の最後となるであろう作品をアップする予定があることをお知らせしておきます。
 

久しぶりに田舎へ帰ってきました

 投稿者:チチココ  投稿日:2014年 1月 5日(日)16時03分33秒
  みなさま、明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

本来は喪中ということで新年の挨拶も控えるべきなのでしょうが、
父が他界したのが去年の1月10日のことであり、
現在では半年程度で喪明けとする場合もあるようなので、
旧来の仕来りには拘らず、通常のご挨拶をさせて頂きました。

私の生まれは兵庫県の尼崎なのですが、両親の出身地が徳島県で、
年末から年始にかけては様々な雑事と親戚等への挨拶のために、
十数年ぶりに徳島の地を踏むことになりました。

私が子供の頃には神戸港から関西汽船に乗って4時間近くかかっていたのですが、
(徳島の小松島港から両親の実家のある町までは更に時間がかかりました)
いまは明石大橋・鳴門大橋を通る高速バスで、大阪駅前から徳島駅前まで2時間半と、
大幅に時間が短縮され、途中で目に映る瀬戸内海の風景も、
船のデッキからではなく、橋の上から見下ろす形に変わり、時代の流れを感じました。

これで一周忌と諸事を終わり、一区切りが付いたのですが、
過ぎてみれば余りにも早い時間の流れだったように思われます。

話は変わって、小説の方は有言不実行で一向に進んでいません。
秋から年末にかけては予想以上に仕事が忙しく、休日さえままならない状態が続いたため、
年末に完成を目指そうという目標も、敢え無く撤回せざるを得なくなりました。

時間的に厳しい状況は今年も続きそうですが、
何とかあと一作だけは書き上げたいと思っています。

M-ANZAIさん
レスが大変遅くなりましたが、小説を再読して頂きありがとうございました。
このサイトを開設して来月で丸12年になり、
その間、私自身やハロプロはもちろん、
読者の方々にも大きな変化があったものと思われますが、
何かの折りにこのサイトのことを思い出し、
再び訪れて頂けることは望外の喜びであります。
これからもお健やかに、
機会があればまたこのサイトを訪れてくださることを心より願っております。
 

今年も後2日です。

 投稿者:M-ANZAI  投稿日:2013年12月30日(月)11時01分12秒
編集済
  大変に御無沙汰をいたしております。

実は、高橋愛さんが出演されたラジオの放送を聞いて、
あれ?この話は以前にどこかで読んだ覚えがあるかな?と思いだし、
ここへ辿りつき「モーニング娘。の悲劇 Ⅵ」を再読いたしました。

以前から比べてずいぶんとハロプロ界隈から遠ざかっているのですが、
普通に生活の中のほうにハロプロ関連のニュースが届いてくる昨今に
少なからず嬉しさを感じております。

作者様ご自身の周辺でもたいへんな変化が廻っていたのだとお察しいたします。
当方も50歳を過ぎ、似たような境遇の日々を過ごしております。

久々に小説を読ませていただいたとの足跡替わりに書き込んでいきます。
寒さ厳しき季節ですが、お健やかにお暮らしくださいませ。
 

10月というのに

 投稿者:チチココ  投稿日:2013年10月 9日(水)20時50分32秒
  最高気温が30℃を超える日が続いていますが、皆様は如何お過ごしでしょうか。

別の意味で熱いのはモーニング娘。で、
女性アイドルグループブームに乗って再ブレイクと喧伝されています。
今年はハロプロのカウントダウンコンサートも開催されるとのことですし、
メジャーデビューを果たしたJuice=Juiceの動向も気になる所です。

短いですが、生存確認まで。
 

お盆は

 投稿者:チチココ  投稿日:2013年 8月 7日(水)20時52分17秒
  お寺さんが超多忙だそうで、父親の月命日は10日なんですが、
昨日の6日に初盆を済ませました。

一周忌もお正月は15日までお寺が松の内ということで、
一月早めて12月10日に執り行うことになっています。

今回のことで仏教行事はいろいろと融通が利くことが分かったのですが、
それ以上に、事あるごとに費用がかさむことにも驚かされ、
日本には巨大な葬儀産業とも言うべきものが存在することを実感しました。

さて、前回の書き込みから3ヶ月以上が過ぎてしまいましたが、
相変わらず時間的なゆとりの無い状態が続いています。
しかし、ただ多忙を嘆いてもしょうが無いので、
目標を年末に据えて新作小説完成を目指したいと思います。
それまでお待ち頂ければ幸いです。
 

気がつけば5月

 投稿者:チチココ  投稿日:2013年 5月 6日(月)16時55分9秒
  ようやく色々な面で落ち着きを取り戻し、
今の生活が当たり前と思えるようになって来ました。

さて、12期メンバーの募集が4月末で締め切られ、
合格決定・お披露目は夏のハロコンになるようです。

小学生もしくは中学1~2年の年少メンバーを採るのか、
あるいは飯窪さんのようなやや年長のメンバーにするのか、
今後の娘。の活動も含めて興味のある所なんですが、
一方で研修生に中・高生を大量に加入させているのを見ると、
ハロプロ全体として、今後どういう戦略をとるつもりなのかと考えてしまいます。

話は変わりますが、新作小説は今の所まったく白紙の状態です。
まあ、前々作から前作の間も2年以上空いたので、今回も気長にお待ち頂ければ幸いです。
 

父のこと3

 投稿者:チチココ  投稿日:2013年 3月 3日(日)21時09分23秒
  2月26日に四十九日を終え、取りあえず一区切りがついたので、
私の父親のことを書くのはこれで最後にしたいと思います。

今、実感するのは、父親はもうこの世のどこを探しても居ないということ。
長年離れて暮らしていても、実家に帰れば会うことが出来たし、
入院していても、見舞いに行けば話すことが出来た。
それが今は写真の中にその姿を見るだけになってしまった。

もう一つは、父親の人生が定まったこと。
「棺を蓋いて事定まる」という意味だけではなく、私と父親との関係、想い出…、
そう言った諸々の父親に関することが固定されてしまって、もう変化しないこと、
即ち、悪くなることもなければ、良くする方法も無いということ。

「石に布団は着せられず」と言いますが、
父親に対して、最近のことばかりではなく、遠い昔のことも含めて、
「もう少しやりよう、言いようが有ったのではないか?」と思うことが多々あり、
後悔の念に苛まれることが少なからずあります。

もし、もう一度、私が生まれたときから親子関係をやり直すことが出来るのなら、
今度はもう少し、父親にいい思いをさせてやろうなどと、
有り得ないことを思い巡らしたりもしています。

昨年の10月始めに父親が癌の宣告を受けて以来、仕事から家に帰ると、
留守番電話のランプが点滅していないかどうかを確認するのが習慣になっていました。
実家に居る母親からの連絡は、緊急の場合は携帯に掛けてくることになっていたのですが、
それほどでもないときには固定電話にするようになっていたので、
着信を確認して実家からであれば折り返し電話をしていました。

忌引きが明けて最初の日に仕事から帰ってくると、
三ヶ月続いた習慣で、つい電話機の方に目を遣ってしまったのですが、
「もうその必要は無いんだ…」と思ったとき、
何とも言えない虚脱感に襲われてしまいました。

あるテレビドラマで、病気の主人公が亡くなったときに、
その父親の「もう闘わなくてもいいんだよ」という台詞があったのですが、
癌の宣告から亡くなるまでの三ヶ月間が、
まるで、緊張感に満ちた闘いの日々のように思い起こされたのでした。

これからも初盆、一周忌、三回忌と、父親を偲ぶ行事は続きますが、
日常の生活は、何事も無かったかのような穏やかさに戻っています。
たった一つ、父親はもうどこにも居ないということを除いて。
 

短歌二首

 投稿者:チチココ  投稿日:2013年 1月14日(月)23時37分17秒
  人生は楽しかりしや私はよき子なりやと問いてみまほし


若き父が幼き我を見守りし神崎川(かんざきがわ)に水鳥遊ぶ
 

父のこと 2

 投稿者:チチココ  投稿日:2013年 1月14日(月)20時14分47秒
  父親が80歳を越えた頃から、漠然とながら、
永遠の別れがそう遠いことではないという意識は持っていましたし、
末期癌の宣告を受けてから約三ヶ月、日に日に弱っていく父親を目の当たりにして、
十分過ぎるほどの心の準備は出来ていたので、
母親からの電話で父親の死を知らされたときにも、
それほど衝撃を受けることはありませんでした。
ただ、何かが終わってしまったというような感覚、
例えてみれば心の中で大きな壁が崩れ落ちたような喪失感を覚えたのでした。

亡くなったのは10日でしたが、正月明けで葬儀場が混んでいるということで、
12日がお通夜、13日が葬儀という日程になり、
父親の遺体はその日の内に実家へ移されて、そこで二晩を過ごすことになりました。

母親がどのような気持ちで父親の遺体と過ごしたのかは想像だに出来ませんが、
ときどき目覚めては、入院中、水を飲みたがっていた父親のために、
口を湿してあげていたそうです。

夜遅く自分の家へ戻って眠ろうとすると、
子供の頃に父親に連れられて、あちこちに遊びに行ったときの光景が浮かんできました。
よく「走馬燈のように」という例えを使いますが、まったくその言葉の通りに、
何十年もの間、一度も思い出すことさえ無かった子供の頃の記憶、
よくこんなことを覚えていたなと自分でも驚くような古い出来事が鮮やかに蘇って来て、
次々に脳裡を過ぎって行ったのでした。

私の年齢になれば、身近な人が亡くなるという経験を何度もしていますが、
家族として人生を共にしてきた、すなわち、父親が私の人生の一部であると同時に、
私の存在が父親の人生の小さくない部分を占めているという事実が、
特別の感慨を抱かせたのでした。

とりわけ強烈に胸に迫ってきたのが、私がまだ幼稚園に上がる前のことで、
(その時代は年少・年中などは無く、幼稚園は一年だけ通うのが普通でした)、
おそらく、私の記憶に残っている中で、一番若い父親の姿でした。
その頃、会社に自転車で通勤していた父親は、
よく私をサドルの前に取り付けた補助椅子、今で言うチャイルドシートに乗せて、
家から少し離れた川の河川敷に連れて行ってくれました。
途中でお菓子を買ってくれたりして、特に何をするでもなく、
ちょこちょこと歩き回る私を父親は見守っていたように思います。
そんなときに撮った写真も古いアルバムに残っています。

あの頃の父親は幼い私と遊んでいてきっと楽しかったのでしょう。
成長してからはいろいろとありましたが、あの頃の父親はきっと幸せだったはずです。

父親は幸せな人生を送ったのでしょうか?
もちろん苦しいことも悲しいこともあったでしょうが、
トータルとして自分は幸せだと思える人生をだったのでしょうか?
死の間際には、もう家族の顔も分からないような状態になっていましたが、
晩年、自分は楽しい人生を送ってきたと満足していたのでしょうか?
今はただ、それだけが気がかりです。
 

父のこと

 投稿者:チチココ  投稿日:2013年 1月14日(月)15時34分30秒
  1月10日に父親が亡くなりました。
一週間前に病床で89歳の誕生日を迎えたばかりでした。

身体は丈夫な方で、十二指腸潰瘍や白内障などで二三度入院したことはありましたが、
一昨年までは散歩を日課として、健康で穏やかな老後を送っていました。

昨年の3月末に母親からの電話で、
時たま意味不明の言動や行動があって呆けの兆候が出ていることを知ったのですが、
私が実家へ帰って話したときには至って普通の様子で、まだ軽い症状のようでした。

しかし、その後、呆けが急速に進行して行ったのか、
夏頃には深夜に家を出て行こうとすることが度々あり、
病院で呆けを抑える薬をもらっているという話を聞いていたのですが、
9月に入ってからはそれに加えて慢性的な下痢が始まり、
それが段々と酷くなって行ったので、老人が脱水症状を起こすと危険だということで、
治療と検査を兼ねて入院したのが9月末のことでした。

その頃には呆けの方もかなり進行していたようで、
夜中に病室を抜け出しては看護婦さんに連れ戻されるということが度々あり、
また、母親が面会に行くたびに、「家に帰りたい」と繰り返していたそうです。

検査の結果、癌であることが分かったのですが、
(本人は最後まで癌であることを知らないままでした)
大腸癌(激しい下痢はこれが原因のようでした)が肝臓に転移し、
もはや手遅れで手術をしても延命措置にしかならず、
また高齢のため、広範囲な切除手術は体力的に無理ということで、
父親の身体と相談しながら、必要最小限の切除手術を行いました。
もちろん父親には本当のことは知らせずに、
「手術が成功すれば家に帰れるから」と言い聞かせてのことでした。

手術は取りあえず成功したのですが、痛み止めに使用したモルヒネの副作用のためか、
ただでさえ進行していた呆けが、更にいっそう酷くなり、
手術直後にも拘わらず、夜中に「家に帰りたい」と言って暴れるなどの行動があり、
母親も体力の限界ということで、家族が交代で付き添うことになりました。

呆けには一日の内でも波があるようで、
朝のボンヤリしているときは、誰が面会に来たのかも分からない様子でしたが、
昼間のハッキリしているときには、久しぶりに会う親戚と言葉を交わすなど、
ちゃんと意思疎通が図れていました。
(親戚には秘かに、もう長くないことを伝えてありました)

手術から暫く経った頃には体調も一時的に回復して、
本人も、もうすぐ家に帰れるものと思っていたようなのですが、
12月に入ってからは急激に体力が衰え、意識も朦朧としているのか、
大声で呼びかければ辛うじて反応するだけの寝たきりの状態が続きました。

その後も悪化と回復の波を繰り返していたのですが、
12月末頃にはまた少し言葉を発したりしたので、
「この様子だと正月は越せそうだな」などと家族で話し合っていました。
そして、明けて1月3日には89歳の誕生日を迎えることが出来たのですが、
その一週間後の1月10日に、とうとう帰らぬ人となってしまいました。

この世に生まれた人間が年老いて死んで行くのは当然の成り行きであり宿命です。
歴史上の偉人も無名の人も過去の人々はすべて死を迎えました。
今日、この文章を書いている今も日本の何処かで誰かが亡くなっていることでしょう。
また、親より先に死ぬのは最大の親不孝であり、
子供が親を見送るのは幸せなことだとも言います。
ただ自分自身にそう言い聞かせてみても、平常心ではいられない自分が居るのです。


世の中の常のこととは聞きしかど常の心にあらぬ我が身は
 

三連休もいろいろと多忙で

 投稿者:チチココ  投稿日:2012年12月24日(月)15時07分20秒
  ほとんど放置状態になっていますが、仕事の忙しさに加えて、
父親がかなりの重病で入院し、家族が交代で付き添っている関係で、
掲示板への書き込みさえままならない状況になっています。

そういうことで今回も生存確認程度のことしか書けませんが、
出来れば年末にもう一度書き込みたいと思いますので、今日の所はこれで。
 

約2ヶ月ぶりの書き込みになりますが・・・

 投稿者:チチココ  投稿日:2012年10月 8日(月)18時24分26秒
  あまりにも書き込みの間隔が空きすぎるので、
私がハロプロに興味が無くなったのではないかと、
思っている方もいらっしゃるかも知れませんが、
まだまだ、これからの娘。には注目しています。

ただ、仕事に忙殺される日々が続いていることに加えて、
両親の体調が優れないという事情が重なったために、
小説の執筆からは遠ざかってしまっています。

しかし、まだ、娘。への思いを小説という形で表すという意欲は持ち続けていますので、
たまには、当サイトを覗いてみてください。
いつか、また、新作がアップされる日があると思いますので。
 

11期メンバーは中学三年生と高校一年生の二人くらいが適当かと

 投稿者:チチココ  投稿日:2012年 8月 3日(金)21時48分59秒
  気がつけば3ヶ月もご無沙汰していますので・・・。

書きたいことは、ほとんどタイトル通りなのですが、
現在の娘。は、あまりにも年少化が進んでいるので、年齢的には中間くらいで、
踊れるメンバーは鞘師さん、石田さんと居るので、
しっかりと歌えるメンバーを入れればバランス的に最高になるのではと思っています。

短文ながら、生存確認まで。
 

新垣さん卒業

 投稿者:チチココ  投稿日:2012年 5月12日(土)20時35分12秒
  >ゆちさん
お久しぶりです。
仕事が忙しくてレスが遅くなってしまったことをお詫びします。

ネットの情報によると、娘。の現場では若い女性ファンが増えてきたそうで、
これも9・10期加入の効果ではないかと思っていますが、
まだまだ未熟な新メンバーを育てて行くためにも、
これからが新垣リーダーの腕の見せ所だったはずなのに、
5月18日で卒業してしまうのは返す返すも残念に思われます。

新リーダー(おそらくは道重さん)は武道館で発表されるのでしょうが、
誰が就任しても、娘。の中心勢力は否応なしに9・10期に移行して行くでしょうし、
11期募集の噂も囁かれる中、まだまだ変化し続ける娘。から目が離せないようです。
 

お久しぶりです

 投稿者:ゆち  投稿日:2012年 5月 9日(水)20時50分9秒
  チチココさん、おひさしぶりです!
私は春から大学生になり、新生活を楽しんでいます。
気がつけばもう5月、もうすぐ新垣さんの卒業ですね……、と思ったらまさかの光井さんも卒業発表!ビックリしました。
新垣さんと一緒に卒業することにネットではいろいろ言われていますが……
光井さんは歳が1個違いで誕生日も1日違いというなにか近い部分があったので応援していたので卒業は残念です。
これで5期、8期が全員卒業ということでなんだか寂しいです。
 

サイト開設10周年

 投稿者:チチココ  投稿日:2012年 4月 4日(水)18時47分28秒
  年度末の忙しさにかまけて3月中はとうとう書き込みが出来ず、
2月に下の記事を書き込んだときにはそのことをすっかり失念していたために、
ちょうど2ヶ月遅れとなってしまいましたが、
当サイトが2002年2月4日に開設して以来、めでたく10周年を迎えることが出来ました。
これも当サイトを訪れて拙い小説を読んでくださった皆様のおかげです。
あらためてお礼を申し上げます。

当時は5期メンバー加入してまだ半年にもならず、
オリジナルメンバーの飯田さん、安倍さんが現役だった頃で、
それを思うと10年の時の流れを感じずには居られません。

その時から今まで残っている唯一のメンバーである新垣さんも今年の5月で卒業し、
開設当初から見るとメンバーが総入れ替えになってしまう訳ですが、
新世代とも言うべき9・10期の若さとパワーに溢れるメンバーの活躍で、
まだまだモーニング娘。の歴史は続いて行くものと思われます。

小説執筆のペースはすっかり遅くなってしまいましたが、
娘。の存在が私に力を与えてくれて、同時に様々な話題を提供し続けてくれる限り、
このサイトも存続させて行くつもりです。

これからもよろしくお願い致します。
 

2月15日

 投稿者:チチココ  投稿日:2012年 2月15日(水)20時53分22秒
  今年は閏年で29日まであるので、今日がちょうど2月の真ん中になります。

年を取ると時間が経つのが早くなると言いますが、
ロンドンオリンピックを5ヶ月後に控えた今になっても、
北京オリンピックがついこの間のことだったように感じているので、
その感覚は相当なもののようです。

早いと言えば、娘。の10期メンバーが加入してから一年以上が経過し、
今週末から始まるツアーで、加入12年目になる新垣さんが卒業するなど、
こちらの方も、動きが慌ただしいようです。

ただ、新垣さんの後を継ぐリーダーが、いまだに発表されていないことから、
ネット界隈では様々な噂が飛び交っているようですが、
結局は、道重さんリーダー、田中さんサブリーダーという、
順当な所に落ち着くのではないかと思っています(特に根拠はありませんが)。

今回のツアーから、否応なしに中心的存在とならざるを得ない9・10期は、
加入時期も年齢も近い、と言うより、年齢が逆転している場合もあるので、
先輩・後輩というよりも、8人一体となっての活躍を期待しています。

新垣さん卒業は寂しい限りですが、その後の新体制となった娘。には、
まだまだ未知の大いなる可能性が秘められているような気がしてなりません。
 

☆さゆとれいなに期待しましょう☆

 投稿者:わが青春のモーニング珈琲。  投稿日:2012年 1月 7日(土)11時58分27秒
  保田圭ちゃ~ん、僕の為に春の7草粥を作っておくれ~。
(イトーヨーカドーに398円のセットで売っているよ)

こんにちは。
本日は春の7草粥を食する日でしたね。
圭ちゃんはお茶目で意外と食いしん坊ですから お正月は、お餅やお節料理を超お食べになったでしょう ☆
ですので、圭ちゃんの可愛い可愛い胃袋ちゃんは超お疲れでしょう。
ですので、きょう位は暖かい7草粥で可愛いお腹を休めているでしょう ♪

僕もお正月はお酒の飲み過ぎで( 毎日ですが )胃袋が疲れ気味です(汗)
これからイトーヨーカドーに行きましょう(小笑)
ありがとうございました。

あ~あ、いとしい圭ちゃん、7草は全部知っているのでしょうか?

圭ちゃんとチチココさんとモーニング娘。の全メンバーの上に満天の星が降りますように

追伸1・・・7草は、え~と  ・  ・  セリとなずなと仏の座と  ・  何でしたでしょう?
     うわ~ それしか知りません(大恥汗)

追伸2・・・僕も見ましたが新垣里沙ちゃんは卒業後も後輩の面倒を見てくれるでしょう ☆

追伸3・・・新リーダーとサブはさゆみちゃんとれいなちゃんと思いますが、歴代リーダーに負けない様に大いに頑張ってもらいましょう ♪

 

/13