teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


納本義務

 投稿者:長老  投稿日:2018年 1月 7日(日)11時14分20秒
  国内で著作物として発行される出版物すべてに、国会図書館への納本が義務付けられています。
この納本義務に従い、昨日1月5日、納本しました。
期せずして、著者である加藤氏が存命なら83歳の誕生日を迎えたであろう日です。
偶然、いや必然、それとも? 何かしらの天の意思を感じざるを得ない1月5日でした。

翻れば、ご当地周辺にはまつやま書房を除けば、出版社がないんですよね。
やはりオンリーワン&ストロンゲストを目指すなら、ここを牙城とすべきでした。
 
 

木星と火星

 投稿者:まる  投稿日:2018年 1月 7日(日)06時30分13秒
  連日早起きして見てましたが、少しずつ近づく様は面白いですね。  

スーパームーンなど

 投稿者:ヤマ氏  投稿日:2018年 1月 6日(土)18時32分7秒
  遅ればせながら皆様新年明けましておめでとうございます。今日は自分の時間が取れたので、休み中に撮影した画像を処理してみました。とりあえず1月2日のスーパームーンをFS60C+1.5倍バーロー+ASI174MC-Coolで動画で撮影し、RegiStax6で処理をしました。処理をすると光条が浮かびあがってきてなかなか面白かったです。また、早朝の比較的気流が落ち着いた中で直線壁をやはりC14+ASI174MC-Coolで動画で撮影し、処理をしてみました。冬場なのでやはりゆれてはいましたがそこそこ写っているとおもいます。ちなみにそのときはSVBONYの格安非球面アイピースのファーストライトのときに冬場にしてはよく見えるので撮影したしだいです。いま、4mm、10mm、23mmの3個で3980円で販売しています。10mmと23mmは値段以上のクオリティーだと思います。
PS:長老様、ISBN取得おめでとうございます。大学時代の図書館学の講義を思い出しました。国会図書館には納本するのですか?また、獺祭は、年始に兄弟で集まった際に、兄が飲んでみて切れ味のいい酒だと申しておりました。
PS2:石川氏におかれましては毎年、吉見観音に初詣&鐘撞していただき、ありがとうございます。諸般の事情により、ここ数年いくことができないのが残念です。K藤氏もG&Pの舞台となっている県に骨をうずめることになってしまい、みなで行けなくなってからも伝統を守っていただき、ありがとうございます。新年会でまたよろしくお願いします。
 

あけましておめでとうございます

 投稿者:石川  投稿日:2018年 1月 1日(月)15時05分23秒
  本年もよろしくお願い申し上げます。
私事ですが、本年も吉見観音に初詣&鐘撞に行ってまいりました。
毎年のことなのですが、参道から見上げる星空は、北極星を挟んでカシオペアと北斗七星が同時に見えて、なんとなく得をした気分になります。
 

明るい流星をみた

 投稿者:よしかわ  投稿日:2017年12月31日(日)13時54分6秒
編集済
  12月30日5:30ごろです。正確な時刻はすぐに時計を見られる状態に無いので不明です。
3月で廃線になる三江線に乗りにいきました。
始発に乗ろうと駅(三次市)に向かっていると晴れていることに気づきました。
HMYより暗いなとときどき見上げていると東南東の方アルクトゥールスのあたりから東下に向かって明るい流星がでました。真ん中辺で爆発したように増光しました。

長老様
2年位前に獺祭社長の講演を聞いたことがあります。
すでにテレビの経済番組などでだいぶ取り上げられていたので慣れたしゃべりという印象でした。
 

獺祭入手

 投稿者:長老  投稿日:2017年12月25日(月)19時58分33秒
  なんとカインズで、獺祭の大吟醸50が四千円台!
こりゃぁ、買っとかなけりゃというわけで、クリスマスの本日に購入。早速試飲。

だっさい、昔なら変換できなかった単語が、いとも簡単に変換される。
それもこれも、あれで有名になったからである。酒を飲まないアニメオタクにさえ、「獺祭」は知られている。旭酒造、庵野に足を向けて寝られないぞ。
ミサトの冷蔵庫に常備されていたな。

もちろん、旭酒造の酒造りスタイル(手法)に抵抗と批判を投げかける人たちがいる。
その主なものは、「機械仕掛けの酒」(コンピュータで管理された酒)という批判である。
機械で管理されている酒だから、名人級の杜氏が作る酒にはかなわない!

本当だろうか? 名人だからうまい酒ができる。勘と経験だけで。手作りだから貴重だ。

こんなのは、はっきりいって幻想でしかない。名人だって失敗する。(T_T)
よく酒蔵インタビューで、「今年のできはどうですか?」と聞かれ、「まあまあです」とか、
「昨年よりはいいです」なんてのは、たぶんそれほどの出来ではない。

経験と勘は、必ずしも一定の品質を保証しない。よくできたときもあれば、「うぇ~っ」という出来の時もある。それを名人の名で、隠している場合もある。←アル添でごまかす。
一見、口あたりのよいキレのある辛口の日本酒になるが、実は、、、。これ以上は書けん。

ふくよかな口当たりと喉越し。鮮烈な風味としっとりした旨み。は、日本酒の範疇を越えている。ヨーロッパで、例えばフランスでもてはやされるのも、嘘ではない。
フランス料理の濃厚なソースにも負けない存在感がある。

レンズでいえば、蛍石かな。ということで、話がつながった。(*^^)v
 

出版社になりました

 投稿者:長老  投稿日:2017年12月11日(月)16時52分31秒
  OGS初雁会元会長の加藤様が10月に亡くなられ、先日四十九日が営まれました。
かねてより自分史の発行を計画され、その時は編集と発行は任せると、ことあるたびに口にされていたのですが、早い逝去に慌てました。しかしながら、その遺志に応える形で、四十九日に間に合うように上梓することができました。

ISBNのコードは、発行日には間に合わなかったのですが、現在申請中。これで晴れて、長老のところも念願の「出版社」になれました。やはり帰るべきところは、ここだったかと改めて思います。

加藤様は、KWG高校からW大学に進まれ、TKM書店編集部に入社。週刊誌A芸能の記者を皮切りに、宣伝部や広告局を経て、TKM書店関西支社長に就任。東京に戻ってからの活躍は、日本のメディア史に残る活躍といっても過言ではないでしょう。

なんといっても、劇場アニメをビジネスとして、興行的に成り立つようにした功績は大きい。OB諸兄もよく知っているあれ、です。『ナウシカ』を世に出し、劇場アニメとして成功させ、Mはやおと「じぶり」を認知させるきっかけを作りました。
その後、左前になっていたDAIEIに最高責任者として出向。経営再建と合わせて「平成GMR」三部作を製作。「しゃるうぃDance?」に至っては、見事に日本アカデミー賞を受賞。プロデューサーとして名を馳せました。

これら加藤様の経歴は、いまだwikiには未掲載の事項です。長老が書かなければ載りません。たぶん。

初雁会とは、K高の卒業生による同窓会ですが、なぜかM高卒の長老はOGS初雁会の創立準備(10年前)から、事務局的にお手伝いする羽目に。
しかし、それがあったから、M高の同窓会MRYM・OGS部会の立ち上げと運営がスムースに行きました。まったく、人生に無駄なものなどなし。今の苦労と経験が、どこかで役に立つという教訓。
 

新年会など

 投稿者:石川  投稿日:2017年12月 3日(日)22時35分40秒
  こんばんは。石川です。
新年会は、「はなの舞 エルミこうのす店」にしたいと思います。
OB会、2018年新年会
日時:1月27日(土曜日)、18:00から
場所:はなの舞 エルミこうのす店
予約をしますので、1月22日までに参加希望のご連絡をいただければと思います。
話は変わりますが、昨晩、小川げんきプラザでヤマ氏と土曜の夜の星空散歩の講師をしてきました。参加者は約130名で過去最大でした。内容は月齢の関係で月面観望がメインでした。薄曇りでなければ、何とか星空も楽しめたのですが、天候は無情でした。それでも、アルビレオや見える星空を見ていただき、満足していただいたようです。
 

ED100Sfファーストライト

 投稿者:ほしの  投稿日:2017年12月 2日(土)11時35分57秒
編集済
  私は1月27日なら東松山、鴻巣どちらでも出撃可能です。

ED100Sfで月をファーストライトしました。大クレーターの光条や海の色の違いが反射やシュミカセより良く見えます。25㎝ドブの方が二次クレーターなどの小さな構造まで解像して見えますが、海のヌルヌル感などの階調はED100Sfの方が良い感じです。アイピースの良し悪しがはっきり分かってしまうので、双眼装置の初期付属アイピースから替えたくなりました。

直焦撮影の青ハロ・コマ収差・周辺減光はなかなか優秀です。クローズアップレンズ流用レデューサとの組み合わせも良好でした。口径比F9のため組み立て精度やレデューサのセンターズレ等に鈍感なのが功を奏していると思いました。眼視では気になりませんが、EOSの10倍クロップでピント合わせ時に前ピン後ピンで星が赤や青にズレるので色収差は若干あると思います。改造EOS KissX5 ISO1600 30秒の比較画像を貼り付けます。

筒が長い、質感が安っぽい。クレイフォード接眼部に重いものを付けると空回りする。(手で押さえながら回せば上がりますが)など気になる点もあります。
お手軽に使える眼視用望遠鏡として割り切ればコストパフォーマンスが高いです。
持つ喜びは満足できないため人生最後の望遠鏡にはなりえないと思います。(いつかはタカハシ)光学性能にこだわる目の肥えた熟練観測者でなければおすすめです。
 

はなの舞でいかがですか

 投稿者:ヤマ氏  投稿日:2017年12月 1日(金)21時08分32秒
  久しぶりに時間が取れたので、たっていたデータの画像処理をしました。中華冷却CMOSの動画をAutoStacker!でスタックし、3秒露出のものと6秒露出のものをコンポジットしてオリオン大星雲の中心部が飽和しないようにステライメージで処理をしました。星雲の細かい部分まで見るのでこの方法もありかなとおもいました。
 話を主題に戻しますが、いつものはなの舞で思う存分飲むというのも、また、楽しいかなと思います。今のところは出撃可能かと思います。
 

レンタル掲示板
/119